teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:25/35 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

久々のハムネタだけど意味不明かも・・・

 投稿者:うめこメール  投稿日:2003年11月 2日(日)21時55分48秒 203.141.130.163.user.max.interlink.or.jp
  通報
  今日の心残りはご本尊(社長)を拝めなかったことなんですが、
坪井の練習見ちゃったら、もうお腹いっぱいっていうか、さすがプロで
あれだけの打率を残す人だなっていうか、とにかくすごいですね。
バッティング練習といってもトスバッティングとマシン相手の練習でしたが
スィングといい、身体の使い方といい、ファームの選手とは雲泥の差だ
というのがしろうと目にもよくわかりました。そして黙々と一人でメニューを
こなす姿に、大人のプロ野球選手って雰囲気がぷんぷんでした。
いいもの見せてもらったなって感じで、試合後に室内練習場に寄ったのは
大正解でした。股ボールも拝めましたし、股ボールの謎も解明できましたし。

さて「キャンプで鴨川に行く選手と、行かない選手はどういう風にわけたんですか?」
なんてことを大胆にも監督に聞いてしまった私なんですが(汗)、
当然「それは・・・言えません」といいつつ、微妙な線引きについて延々と語りだしたり
まじめに「股ボール」のバッティングにおける効用を語りつつ、
最後に「ボール遊びする熊」ネタで落とすあたり、
なんか最近、監督のキャラ、微妙に軽くなってきたような感じが・・・
いずれぜひとも「ボール遊びする熊」も拝ませていただきたいと思います。
それを写真に撮ったら、HBCか道新にスクープネタってことで送ろうかなって(笑)

というわけで、秋季キャンプの組み分けですけど、言えないと
言いつつ話してくださった監督の話を要約すると、つまり鴨川と鎌ヶ谷で線引きは
たしかにあったと。ただし、本来なら鴨川レベルじゃない選手で上のレベルを
体験させる意味で鴨川に行っている選手もいる(のがまーくんらしい)。
ただそれがその選手にとっていいかどうかは別問題で、鎌ヶ谷でコーチと
マンツーマンで練習をできる環境でやっていたほうが、上のレベルに達するのが
早い可能性もあるし、じっくり練習できるから、鎌ヶ谷に残ったほうがプラスに
なるかもしれないと。

そんなわけで、私は勝手に都合よく解釈しました。
監督は駒居君を手元においておきたかったんじゃないかなって。
だってルーキーの時からそれこそ手取り足取り、ずっと担当コーチとして
育ててきたら、鴨川でその他大勢にまじってやらせるよりも、鎌ヶ谷で
手元で育てたいとそんな感じなんじゃないかなぁと思うわけです。
鴨川だと、Y中コーチにいぢめられるだけだもんね(本当?)

それにしても、けん坊の盗塁ですけど「勝手に走りました」ってけん坊ってば
試合後しゃらっと笑顔で言ってましたが、あの脚力で、あの走り方で
大胆なことをしますよねぇ(笑)
 
 
》記事一覧表示

新着順:25/35 《前のページ | 次のページ》
/35